最新機器を活用する職種|心理カウンセラーになるには勉強しなくてはならない

心理カウンセラーになるには勉強しなくてはならない

女性

最新機器を活用する職種

ドクター

専門性と将来性が高い

診療放射線技師になるためには、文科省で指定する学校や厚生労働省で指定する養成学校で3年間履修することが国家試験受験の条件です。大学や短期大学、そして専門学校が指定校となっています。放射線技師の就職先には、医療機関の他医療機器メーカーもあり、医療機関で医師の診療のサポートをするのが、診療放射線技師だと考えて良いでしょう。医学や工学、そして放射線に関する専門知識が求められており、大学や短期大学でも3年制もしくは4年制の履修期間が設けられています。診療放射線技師が使用する医療機器は、日々進化しており、十分に使いこなすには大学で基礎をしっかり学んでおく必要があります。人によっては4年制大学の方がじっくりと、基礎学習ができると述べるほどです。

勤務先による相違

診療放射線技師は、勤務先によって求められる知識が異なります。規模の大きな医療機関は、CTやMRIなどの医療機器の種類が多く、最新のものが導入される頻度も高いでしょう。また、規模の小さな医療機関では、高額な医療機器を頻繁に買い替えることが少ないため1つの機種に対する習熟度が高くなっていきます。広い範囲を学べるのはメリットですが、自己学習が求められるのは大変だと思う方もいます。また、1つの機種の習熟度が上がるのはメリットですが、他の最新医療機器に触れる機会が減ることが嫌だと感じる方もいるでしょう。いずれにしても診療放射線技師は、大学で基本を固めることが重要となるので、そのための学校選びがポイントです。